something

何か面白いことないかな

大分県中津市 ホタル情報の終了

大分県中津市のお知らせです。


大分県中津市で、蛍の季節がそろそろ終わるようです。


https://www.city-nakatsu.jp/kankodocs/2018061100070/file_contents/960A4837.JPG
(写真引用元:山国町のホタルがピークを迎えています! | 大分県中津市


上記は今年の6月8日に中津市で撮影された写真です。綺麗ですね。


目次

大分県中津市ってどこ?

福岡県と大分県の県境です。蘭学の街として栄え、歴史の教科書に掲載される『解体新書(初版本)』が展示されている町です。
今は「中津からあげ」と鱧が有名です。

f:id:Perie:20171114080635j:plain
(画像引用元:山国町のホタルがピークを迎えています! | 大分県中津市


『解体新書』の翻訳者、前野良沢の所属が豊前国中津藩(現在の大分県中津市)なので、そのゆかりで『解体新書(初版本)』が中津市に展示されています。

今年の中津市のホタル観測数

今年の観光サイトの情報を見ると、場所によって約1500匹見れる場所があったようです。



余談ですが、蛍の観測できる場所は九州〜北海道まで2〜3ヶ月ほど開きがあるようです。
https://jp.weathernews.com/wp-content/uploads/2018/05/hotaru20180510_1.jpg
(画像引用元:【ほたる出現傾向2018】全国的に例年並〜早い出現!関東は、まもなくほたるの見頃に | Weathernews Inc.

まとめ

大分県中津市では5月下旬〜6月中旬に蛍を観測できます。また来年、お時間が取れる方はぜひ中津市に蛍鑑賞にお越しください。
その際は、虫除けを忘れずにお持ちください。

自然豊かな中津市で、来年も蛍鑑賞をお楽しみください。





大分県中津市に仮住まいしていました。蘭学関係の古文書が数多く置かれているので「中身はどのようなものか」と気になり、興味本位で調べています。
ついでに地域の宣伝も兼ねて、時々こうして宣伝を載せています。関係者ではありません。