something

何か面白いことないかな

平成30年度のNHK正月時代劇『風雲児たち~蘭学革命編』 開催記念ギャラリートーク

モチベーションがあったので、温泉に入りがてら中津市平成30年度のNHK正月時代劇『風雲児たち蘭学革命編』に関するギャラリートークを見に行きました。

大分空港内のPRおんせん県おおいた


大分空港から車で1時間ほどで中津に到着します




ギャラリートークの詳細です

開催記念ギャラリートーク
講師:W.ミヒェル(九州大学名誉教授)
平成29年12月16日(土)13時30分~(1時間程度)
本館展示室内(入館料が必要です。)
特別展『解体新書』と前野良沢を開催します | 大分県中津市


講師プロフィール
1946 年ドイツ生まれ。フランクフルト大学大学院卒業後来日、九州大学助手から同大助教授、同 大学院教授、副学長を歴任後、現職。博士(文化科学)。専門は日欧交流史・医史学。中津市では毎 年医学史料の整理研究を行い、『中津市歴史民俗史料館分館医家史料館 資料叢書』を執筆刊行している。

目次

大分県中津市ってどこ?

福岡県と大分県の県境です。蘭学の街として栄え、歴史の教科書に掲載される『解体新書』をみることができる町です。
今は「中津からあげ」と鱧が有名です。

f:id:Perie:20171114080635j:plain
(画像引用元:中津市へのアクセス | 大分県中津市

正月時代劇 風雲児たち蘭学革命(れぼりゅうし)篇~


f:id:Perie:20171106150934p:plain
(画像引用元:http://www.city-nakatsu.jp/

正月時代劇
風雲児たち蘭学革命(れぼりゅうし)篇~

大河ドラマ真田丸」より1年――。
三谷幸喜が満を持して送る究極のエンターテインメント時代劇!
あの三谷幸喜さんが「真田丸」以来、1年ぶりにNHK時代劇に帰ってきます。
今度のお題は前野良沢杉田玄白による〝蘭学事始〟。史上初の西洋医学書の和訳に一心同体で取り組んだ二人は、鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げます。しかし、刊行された「解体新書」になぜか良沢の名は載らず、名声は玄白だけのものとなりました。二人の間にいったい何が起きたのか…。
みなもと太郎さんの大河歴史ギャグ漫画を原作に、笑いとサスペンスに満ちた新しい三谷流歴史ドラマが誕生します。

(引用元:脚本・三谷幸喜 正月時代劇『風雲児たち~蘭学革命篇~』制作開始 | 正月時代劇 | NHKドラマ

私事ですが、三谷幸喜さんのファンです。



大江医家史料館 特別展 『解体新書』と前野良沢

f:id:Perie:20171125170657j:plain
(画像引用元:特別展『解体新書』と前野良沢を開催します | 大分県中津市 )

 『解体新書』編纂の中核を担った中津藩医前野良沢平成30年度のNHK正月時代劇は、そんな彼を主人公とする『風雲児たち蘭学革命編』に決定しました。
 そこで、良沢ゆかりの地中津市では、放映を記念し良沢の足跡を紹介するとともに『解体新書』前後の医学の歴史に関する特別展を開催します。
 『解体新書』初版本(当館蔵)をはじめ、『解体新書』刊行までの事績を記した『蘭学事始』などの貴重な資料を展示します。
 これを見ればドラマが2倍も3倍もたのしめる!展示になっています。
 ぜひ、大江医家史料館にお越しください。


期間:平成29年12月6日(水)~平成30年2月12日(月)
開館時間:午前9時~午後5時まで(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週火曜日
12月28日より1月3日までは無料開放します。   
入館料:大人210円(団体30人以上120円)高大生100円(団体30人以上60円)

場所:中津市歴史民俗資料館分館 大江医家史料館(中津市鷹匠町906番地)
JR中津駅より徒歩7分 福沢旧居より徒歩5分 駐車場あり
(引用元:特別展『解体新書』と前野良沢を開催します | 大分県中津市 )

ギャリートークの結論

結論から言うと以下の二点です。

蘭学事始』は杉田玄白の回顧録

杉田玄白が晩年綴ったものなので、記憶違いもチラホラあるようです。

「私(ミヒェル先生)も71歳だからよく分かりますが、老人が回顧録書くとなると『わたしの時代が良かった!』とどうしてもなりますね(笑)」と語るのでありました。

ミヒェル先生は研究を進める上で『蘭学事始』に引きずられないように、あまり見ないようにしているそうです。

影響力の強い福澤諭吉がたまたま見つけて、再販したので、『蘭学事始』が蘭学の始まりのように思われていますが、それ以前から蘭学は存在していたようです。


解体新書の翻訳は極めて怪しい

『解体新書』は『ターヘルアナトミア』を正確に翻訳できているか?…と言う問いかけに対してですが、極めて怪しいようです。

ただし『ターヘルアナトミア』の「精神」は伝わってくるようです。





蘭学の始まりは蘭学事始以前からあった

蘭学事始』以前から存在した蘭学

1649(慶安2)年〜1651年まで滞在したドイツ人のカスパル・シャムベルゲル(1623〜1706)は、幕府に重用されていたようです。
10ヶ月近く治療のため江戸に滞在していたのだとか

長崎の通詞のオランダ語は発達していた

当時、長崎で通詞をしていた吉雄耕牛(1724〜1800)は、4人の商館医からオランダ語やオランダ医術を学び、医術において吉雄流を興していたようです。

この吉雄耕牛は、前野良沢オランダ語を教えた人なのですが、『解体新書』に取りかかった時の前野良沢よりもオランダ語がペラペラだったようです。

国内で行われた解剖

『解体新書』が世に出回る以前から、山脇東洋や河口信任らが解剖を行なっていました。
あまり医学的には詳しくない図だったようですが…

彼らがやったこと自体は意味はなくても、行為には意味があったようです。


原著『ターヘルアナトミア』は世界では入門書

『解体新書』の原著『ターヘルアナトミア』は世界基準では最先端の書物ではなく、単なる入門書のようなレベルの書物だったようです。

余談ですが、全てのターヘルアナトミアが上記の写真の外装しているわけではないようです。
当時ら印刷屋さんと製本屋さんが別だったほうです。お金に余裕のある人は、外装を高級感のある素材を使っていたようです。

展示パネル

幾つか展示されていたパネルの写真を載せておきます。





ギャラリートークで使用された単語帳『阿蘭陀語外科指南』

まとめ

来年の1月のドラマに向けたギャラリートークでは、『蘭学事始』以前から発達してしていた国内の蘭学の歴史について知ることができました。
特に録音することなく記憶を頼りに思い出して書いていますので、細かい間違いはご容赦ください。