something

何か面白いことないかな

熊本県阿蘇小国町の観光スポット

1熊本県の小国町を観光してきました。
大分県中津市に12月16日(土)に開催されたギャラリートーク目的で行ってきたのですが、中津市だけだと物足りないので近くの小国町に寄りました。

※この記事は12/29に投稿した記事です。




目次

熊本県 小国町 場所

熊本県大分県の現境で山奥です。黒川温泉まで車で20分ほどの場所です。
f:id:Perie:20171228231153g:plain
(写真:アクセス | 小国ツーリズム協会

阿蘇小国ジャージー牛乳で知られる場所です。
f:id:Perie:20171228231455j:plain
(写真:JA阿蘇−小国郷 産直オンラインショップ 食のさんぽ

当初、黒川温泉に向かっていたのですが、ついつい寄り道して小国町に長時間滞在してしまいました。


北里柴三郎記念館

日本の医学者・細菌学者の北里柴三郎の故郷です。偶然横を通りがかったので、寄りました。

北里研究所が関わっているのでしょうか、パネルも展示物もしっかりした記念館でした。北里大学関係者がよく訪問されるようです。


北里文庫です。図書館だったそうですが、今は北里関連の資料が展示されています。
写真撮影OKか尋ねたところ「まぁ、いいですよ!」と承諾を得ました。

f:id:Perie:20171229000606j:plain
北里柴三郎記念館内部

館内のパネルです。万国衛生学と人口統計学会議が一緒なんですね…。唯一の東洋人として北里柴三郎が参加しています。

愛知県の明治村に移設された北里研究所の模型がありました。

f:id:Perie:20171228002405j:plain
北里研究所本館 模型



迎賓館からの眺めです。奥に見えている山は久住連山です。山隔てて手前側が熊本県、向こう側が大分県のようです。

「光るえんがわ」です。北里柴三郎が少年だった頃、毎日縁側を磨いていたらピカピカになったそうです。このエピソードは道徳の教科書にもなっているそうです。
これも展示品だなんて...と笑ってしまいましたが、東京の北里柴三郎記念館にも展示してありました。


北里柴三郎の家からの眺めです。




それにしても北里柴三郎出身の村、「北里」なんですね…。



温泉

道を走っていると沢山の温泉があったので、適当に立ち寄りました。

奴留湯(ぬるゆ)温泉共同浴場

源泉の温度が38度と、とにかくヌルい温泉です。冬場なのもあって、もう少し温度が低そうな印象でした。
入口前の料金箱にお金を入れて入湯します。


寒くてなかなか温泉から出ることができませんでした。寒いのですが、不思議と体のコリは取れました。夏は長く入っていられるのでいいかもしれませんね。


5000円程度から寄付できるようです。オーナー制度風で良いですね。

f:id:Perie:20171229000910j:plain
奴留湯温泉


温泉の隣に、温泉が出る洗い場がありました。

近所の方が野菜を温泉水で洗うのでしょうか?試しに軽く飲んでみましたが...温泉です。


奴溜湯温泉について書かれた記事を見つけました。興味のある方は下記からどうぞ
onsen.unknownjapan.co.jp

川底温泉 蛍川荘(かわぞこおんせん)

1100年ほど前に菅原道真公によって発見されたと伝えられている歴史ある温泉です。
すごく体が温まります。
こちらの温泉は大分県玖珠郡九重町菅原ですが、熊本県に極めて近い場所です。

f:id:Perie:20171229000602j:plain
川底温泉

こちらの温泉、今年の九州豪雨の被害を受けたようです。温泉は営業していますが、旅館は現在工事中のようです。悲しいですね...。


onsen.unknownjapan.co.jp

ハゲの湯(はげのゆ)

川底温泉の常連さんから聞いた、評判の良い温泉です。
さらに山奥に行ったところにある温泉なのですが、あまり観光地化されていなく長閑な田舎でした。

無料の足湯です。

足湯からの眺めです。都会の謙遜を忘れさせてくれます。

ハゲの湯温泉について書かれた記事を見つけました。興味のある方は下記からどうぞ
onsen.unknownjapan.co.jp

菅原神社

菅原道真を祀っている神社です。森の中にありました。


アイスクリームが食べれる場所

農家レストラン カップル」に立ち寄りました。

f:id:Perie:20171229000609j:plain
農家レストラン カップル

こちらのご主人と話をしていたのですが、6次産業をおこなっているようです。
生産、加工、販売それに加えて卸もされているようでした。デパートの物産展にも出店しているようです。

寒かったのでホットチョコレートを注文いたしました。

f:id:Perie:20171229000613j:plain
ホットチョコレート

6次産業の成功事例として紹介されているようです。
阿蘇小国ジャージーゴールデンミルクのむヨーグルト(農家レストラン カップル 梅田 喜久男氏)」
http://www.maff.go.jp/kyusyu/portal/kyushu_yuryou/kumamoto.html


ご主人から聞いたのですが、「◯◯牧場」と具体的な牧場名が出ているお店で買うと、生乳を使っていることが多いようです。


まとめ

今回はご紹介できませんでしたが熊本県阿蘇小国町は赤牛の美味しいところなので、ふるさと納税で注文するか、ぜひ観光におとずれてください。