読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something

何か面白いことないかな

今日の話

毎年この時期になると、ご近所に住む秀才さんとお花見に出かける。
いつもは4月上旬までソメイヨシノが咲いているはずが、今年は早めに散ってしまった。
代わりに八重桜が早く咲き始めたので、八重桜が1700本植えられている三ツ池公園にお出かけした。八重桜が満開だった。
二人とも「something new(何か新しい体験)」が好きなので、楽しむことができた。
https://instagram.com/p/1YRvDfIcOB/





いくつか本を紹介していただいた。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則




ロジカル・ライティング (BEST SOLUTION―LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)

ロジカル・ライティング (BEST SOLUTION―LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

簡易版にしたものが「問題解決プロフェッショナル―思考と技術」



Design As Art (Penguin Modern Classics)

Design As Art (Penguin Modern Classics)

モノからモノが生まれる

モノからモノが生まれる



毎度思うけれど、優秀な友人から学ぶことがとても多い。


話した内容の備忘録:


・ドラマの話
秀才さんが見ていたドラマの話で共感したセリフ
「中学までの人脈は、大人になると全く役に立たない」




・運命はあるかも
大学時代、たまたま隣の席だった子と4年間そのままずっと仲良く、
それが学生生活に対する良い刺激になった。




・同窓会
同窓会会場を日経新聞の紙面上にしたら、みんな群れずに済むのではないか



・知識の情報レベルの話
秀才さんの入ってくる会社では「先輩が教えてくれないから」とボヤく新入社員が多い。
大学も含め、特に日本人は今まで誰かが何かを教えてくれることに慣れすぎて、知識をナレッジレベルまで学びを落とし込めない人が多い。

知識レベルの3段階:
ファクト →→ インフォメーション →→ ナレッジ



・皆、SNS中毒になっていて時間吸われすぎている
LINEとかtwitter等は自分を社会から切り離させてくれない。
平野啓一郎の言う「コミュニティ向けの『分人』」でいさせ続けられるため疲れるので、秀才さんは一切やってない。

人生の時間は限られているので、インプットするのはSNS(くだらない知人のプライベートの報告情報)よりも、本から新しい知識を得ていたい。

秀才さんは、私と待ち合わせしてから別れる時まで一切携帯を触っていない。下調べは事前にして頭の中に地図や情報を入れてから現れ、徹底して携帯の無い世界を楽しんでいる。



・たまに話する先生の話
何かを極める人は、そこに至るまでのプロセスを知っている。
それを自然と他の分野に対しても行うので、他の分野に対しても極めてくる。


・20代のうちは人生の幅を広げておきたい

・黄色信号の出し方
冗談めいて「あ〜!やばいや!」と独り言をあえて言う(意外と大切)