読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something

何か面白いことないかな

 

母方の祖母の家は久しぶり。

http://instagram.com/p/rs-tavocL8/

 

自然栽培とまではいかないものの、気が向いたらときだけ堆肥を与え、農薬不使用のリンゴちゃん。和歌山でもリンゴ栽培できるのだと少々驚き…。

http://instagram.com/p/rtIr-lIcJV/

伯母が食べたいと言い出して、祖母が育て始めたすだち。

http://instagram.com/p/rvXipzocCa/

これも伯母が食べたいと言い出して、祖母が育て始めたレモン。

http://instagram.com/p/rvXrCUocCp/

 

せっかくなので、今回祖母から聞いた話を幾つか紹介します。

 

先祖の話

祖母に先祖について聞いてみた。ご先祖は安藤帯刀に仕えてた田辺藩のお侍さんで、紀伊田辺駅ちかくに住んでいたらしい。廃藩置県の際に、仕えてた主人から退職金をもらって和歌山市に引っ越してきたそうな…。

 

お盆らしい話

①手招く人

花子とアンを見ていると、祖母が話始めた。祖母が住んでいる村も大昔、子供達の間で疫痢が流行り、祖母も祖母と同世代の子供がバタバタと熱を出して倒れた。祖母は生死を彷徨う中、夢の中で誰かが「おいでおいで」としているのをみた。祖母は無事に治ったけど未だにその夢が忘れられないようだった。

 

②お迎えが見える

祖母が住む村では、死期が迫るとお迎えの一団が見えるらしい。祖母の死ぬ直前の知人も「すぐそこに居てるのが見える」と言いだしてしばらくして亡くなる。既に亡くなっている祖父も亡くなる少し前は「窓、10cmほど開けておいて(お迎えがくるから)」と言ってたようだ。

 

③じいちゃんが仏壇の前に居る

自称霊感のある従兄弟の話。この世に未練があると、魂がウロウロとしている。相手側は死んでいることに気付いていない。

※従兄弟は話が面白ければウソついても許されると思っているので、この話は半分聞き流した。