something

何か面白いことないかな

今日の話

貴婦人と一角獣を見てきた。6枚で1セットになってるフランスの巨大なタピストリーだ。それぞれ「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」と「我が唯一の望み」というタイトルが後世につけられてたが、実際何をテーマに作られたかよく分ってないらしい。個人的な感想として、作品に対してタイトルがしっくりしなかった。

タピストリーは最大で縦3.77m×横4.66mと、その巨大さと豪華に圧巻された。しかし、観賞を終えてモヤモヤとした気分になった。「触覚」とされる作品だけ、なぜか猿が鎖に繋がれてる。あまりにも哀れななその姿が印象に残る。「視覚」では猿は頭部だけ覘かせ、中途半端に切れてる。猿の扱いがぞんざい過ぎる。


帰りにお土産屋さんに寄った。一緒に行った子に「あなたは『ありがとう』『ごめんね』が言えないから」と、その場で購入してプレゼントされた。