something

何か面白いことないかな

あいちトリエンナーレ

名古屋に住む兄夫婦の新居におじゃまするとともに、あいちトリエンナーレに行ってきた。

愛知芸術文化センターに着くとヤノベ ケンジさん作の「サン・チャイルド」がお出迎え、とても大きい。

http://instagram.com/p/dJXBRKocKQ/

天井から糸で吊るされている建物の模型たち

http://instagram.com/p/dJVuBjIcId/

ビートたけしさんのステンドグラス

f:id:Perie:20130820024125j:plain
 
 
 
移動して納屋橋会場へ。この会場は映像作品が多く、私は映像製作に興味があるので個人的にとても良かった^^納屋橋会場はもともとボーリング場として使われていたそうで、リチャード・ウィルソンさんの作品「Plan drawing for Lane 61」はボーリング場の構造を活かしたもの。
f:id:Perie:20130820024155j:plain
 
レーンがスライドして、作品が建物の外に飛びだす姿をぼんやりと眺めていた。この作品の作者インタビューを見つけた。ここまで深い意味を持っているだなんて...。
 
 
その他に、植物を使った作品

http://instagram.com/p/dJbuW3ocOm/

数ある作品の中、アンジェリカ・メシティさんの「Citizens Bands」が、今回一番のお気に入り。これは映像作品で、移民のパフォーマーが今暮らしている都市の一角で、故郷の音楽を奏でるところを映していた。静かに演奏している姿がどこか哀愁を感じさせつつ、美しく見えた。

f:id:Perie:20130819010027j:plain 

近いうちに、また名古屋に遊びに行きたいな。