something

何か面白いことないかな

「○○研の思い出」

父親が大学時代に所属していた研究室の卒業生が、所属していた頃の思い出を冊子にまとめたものが出てきた。冊子のタイトルは「○○研の思い出」。多くの卒業生が「○○研の思い出」というタイトルで思い出を語っていた。うしろのほうの「○○研キーワード集」、「今でも心に残る!厳しくもありがたい!先生の言葉」を見ていた。

  • 「○○研キーワード集」の内容(工学部だからキーワードに偏りがある)

駒込、応用金属、△△先生、科研、質量分析、ガラス工芸家岡本氏、石英管、真空加熱抽出式ガス分析装置、ガラスのお化け、ガラス細工、ポイント溶接、タンマン炉、・・・・・・・、中村紘子

  • 「今でも心に残る!厳しくもありがたい!先生の言葉」いくつか抜粋

・お前達何をしに大学にきておるのか
・最初の選択よりも、どう生かしていくかを大切に
・君達は、休息日の日曜日に出てきて何をしてるんだ
・君はけっして頭のいい人間ではないから、地道に努力していくしかない そうすれば、道は必ず開ける
・費用はかかっただけだすから、お金のことはきにしなくてよい
・あの××先生でもこんな字を書くのか、安心した