something

何か面白いことないかな

現代思想 特集…隣の外国人-異郷に生きる-

現代思想2007年6月号 特集=隣の外国人 異郷に生きる

現代思想2007年6月号 特集=隣の外国人 異郷に生きる


sgr先生からお借りした本。横浜のチャイナタウンもともと八百屋、洋服店、うどん屋などと立ち並ふエリアで朝鮮人なども多く暮らしていたらしい。1980年代ごろまではそのようであったがバブル経済に伴ってグルメブームとなってから、メディアで紹介されるのもあって、中華料理のテーマパークとしてのイメージが色濃くなってしまったようだ。原因はそれ以外にもあり、1899年に外国人居留地を撤廃された際、外国人の管理規則として公布された「勅令三五二号」が中国人の居住や経済活動の制限をする内容だった。そのために限られた職業を選択する際料理人を選ぶ人が多かったとかなんとか。
 ブラジルの話なども載ってた。