something

何か面白いことないかな

映像の心理学―マルチメディアの基礎

映像の心理学―マルチメディアの基礎 (新心理学ライブラリ (S1))

映像の心理学―マルチメディアの基礎 (新心理学ライブラリ (S1))


研究室に置いてあった本。やたら付箋が貼ってあった。先輩の誰かが読んでいたのだろう。認知心理学の研究成果を中心に解説がされていた。運動の知覚や立体視、映像の動きの原理、奥行知覚、学習促進効果、などの話が図とともに説明がされていた。ミュラー・リヤーの内向き矢羽と外向き矢羽の図も出てきた。初版が1996年だから少々古い。
文字と映像が同時に提示された場合について載っていた。このとき、映像よりもまず文字に目がいってしまうらしい。いくつか課題が課せられたときに、一つを処理していると他の課題まで頭がまわらないらしく心的余裕量が減少してしまうそうな。ただ文字は音声よりも言語情報を獲得することができ、読み返しが可能だということも述べられていた。